読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単語暗記に超おすすめなアプリ Quizlet

こんにちは、カモです。

英語を勉強するときにとてもやっかいで面倒くさいのが単語暗記ですよね。今回は、単語暗記に超おすすめなアプリ「Quizlet」を紹介していきます。

 

Quizletとは?

f:id:kamoweb:20170414221155p:plain

↑Quizletのロゴ

Quizletとは、アンドリュー・サザーランドにより開発されたオンライン学習ツールです。2007年1月にウェブサイトが公開し、2015年11月には月間訪問者数が40万人を超えました。現在では携帯用アプリもiOSAndroidの両方で公開され、高い評価を受けています。

 

Quizletの使い方

Quizletは単語を暗記するための記憶ツールです。使い方は大きく分けて2つあります。

1つ目は、自分で暗記したい単語を集めてオリジナルの学習セットを作るという方法。2つ目は、他人が公開した学習セットの中から自分にあったものを選んで学ぶという方法。

両者ともそれぞれの長所・短所があります。1つ目の場合、自分に必要な単語のみを集中して暗記することが出来る反面、学習セットを作るのに労力と時間を費やす必要があります。2つ目の場合、学習セットを作る手間がない反面、自分のニーズにあった学習セットを探すのに時間がかかる、もしくは自分のニーズにあった学習セットが存在しない可能性があります。

もし自分のニーズにあった学習セットがあるのであれば、他人が作った学習セットを使って学ぶのが一番楽で効率的です。しかし、そうでないのなら自分でオリジナルの学習セットを作るべきです。

 

学習モード

f:id:kamoweb:20170414222645p:plain

↑携帯用アプリで使える学習モード

Quizletには様々な学習モードがあります。今回は、携帯用アプリで使えるものに絞って紹介していきます。

学習

まず1つ目が、「学習」というものです。これはフラッシュカードのような機能で、画面上のカードにはある単語の定義が表示されます。

f:id:kamoweb:20170414223037p:plain

↑「学習」で表示される単語の定義

カードをタップすると、カードが反転してその単語が表示されます。

f:id:kamoweb:20170414223200p:plain

↑「学習」で表示される単語

その後、「分かりました」と「もう一度学習する」という2つの選択肢が画面下にあるので、どちらかを選びます。

各ラウンド10個ほどの単語を学ぶことになります。ラウンドが終了すると、「もう一度学習する」を選んだ単語の復習に入ります。

f:id:kamoweb:20170414223627p:plain

↑詳細な設定が出来る

上の画像のように、自分の好きなようにカスタマイズをすることも可能です。また、カードの右上に表示されるスピーカーをタップすれば、その単語・定義を英語で読み上げてくれます。

カード

2つ目の学習モードは、「カード」です。これは通常のフラッシュカードと全く同じです。

画面上にカードがあり、片方の面には単語が、もう片方にはその単語の定義が表示されます(どちらが先に表示されるかは設定で変更できます)。カードは何回でもフリップが可能です。次の単語にいきたい場合は、画面を下にスワイプします。前の単語に戻りたい場合は、画面を上にスワイプします。

f:id:kamoweb:20170414224348p:plain

↑「カード」で表示される画面

カード右上に表示されるスピーカーをタップすると、英語の発音が聞けます。また、スピーカーの隣に表示される星をタップすると、星をタップした単語のみを集めたフラッシュカードが自動的に作られます。覚えていない単語の星をタップすることで、自分が知らない単語のみを集中的に勉強することができます。

筆記

3つ目は、「筆記」という学習モードです。これは、単語もしくは単語の定義をタイプするモードです。

f:id:kamoweb:20170414224752p:plain

↑「筆記」で表示される画面

画面上に単語の定義が表示され、キーボードが出てくるのでその定義にあった単語をタイプします(どちらが表示されるかは設定で変更可能です)。

正解すると次の単語に進みます。不正解だと、正しい答えが表示されます。正しい答えをキーボードでタイプすると次の単語に進みます。各ラウンド7つの単語が出てきます。不正解だった単語には緑の丸がつき、以降のラウンドにも出題されます(正解した単語は出てこない)。

マッチ

4つ目の学習モードは「マッチ」です。神経衰弱と似ていて、単語とそれに一致する定義を選ぶゲームです。

f:id:kamoweb:20170414225406p:plain

↑「マッチ」で表示される画面

画面上に単語6枚、定義6枚の計12枚のカードが表示されます。あるカードをタップし、それに一致するカード(単語ならその定義、定義ならその単語)をタップするとタップした2つのカードが消えます。このゲームの目標は、出来る限り早く全てのカードを消すことです。もし間違ったカードをタップしてしまうと、ペナルティ時間が追加されます。自分の最速タイムが記録されていくので、過去の自分と勝負することができます。他人にも公開されている学習セットだと他人と競うことも可能です。

テスト

最後の学習モードは「テスト」です。その名の通り様々な形式で単語と定義が暗記できているかテストされます。

f:id:kamoweb:20170414230003p:plain

↑テストの設定画面

まず設定画面が表示されるので、自分の好きなようにカスタマイズします。

f:id:kamoweb:20170414230009p:plain

↑「テスト」で表示される画面

そしたらテストが開始します。計20問です。

 

まとめ

今回は、「Quizlet」というアプリについて紹介してきました。

単語暗記、特に英単語の暗記には非常に便利なアプリなので、みなさん是非ダウンロードして使ってみてください。

Quizletのウェブサイトでは、携帯用アプリにはないゲーム機能がいくつかあるので、興味のある人はウェブサイトを使ってみるのもいいかもしれません。