サッカースパイク 天然と人工どっちがいいの?

こんにちは、カモです。

ぼくはサッカーが大好きです。出来れば毎日サッカーをしたいくらいです。そんなぼくが一時期熱中していたのが、サッカースパイクです。暇さえあればサッカーショップのウェブサイトに行きスパイクを眺めていました。

今回は、サッカースパイクの素材について説明していきます。

 

スパイクとは?

f:id:kamoweb:20170416223816j:plain

↑サッカースパイクの写真

もちろん知っているとは思いますが、サッカースパイクとはサッカーをプレーする際に履くスタッド付きの靴です。

パスをするにも、シュートをするにも、ドリブルをするにも、直接ボールに触れるのはスパイクです。さらに、サッカー選手は試合中に長い距離を走ります。プロサッカー選手ともなると、一試合の間に10km走ったりします。その走りを支えるのもスパイクです。このように、スパイクというものは非常に大事です。そして、大事であるからこそ、自分に合ったものを選ばなくてはなりません。

 

サッカースパイクの素材

サッカースパイクに使われる素材は、主に天然皮革と人工皮革の2種類です。

天然皮革

天然皮革とは、動物の皮のことをさします。天然皮革で一番多く使われているのは、カンガルーの皮です。

天然皮革の長所として、素材の柔らかさが挙げられます(サッカースパイクの素材は、基本的に柔らかい方が足にフィットしてプレーしやすいです)。また、動物の皮を使っているので、履いているうちに皮が伸びてきて自分の足の形に合ってきます。

天然皮革の短所は、手入れの面倒くささです。汚れ落としやミンクオイルを使って丁寧に手入れしなければなりません。また、濡れたフィールドでプレーしたあとは、適切な処置を取らないと皮が硬くなって劣化してしまいます。

人工皮革

人工皮革とは、天然皮革以外の、人工的に作られた素材のことをさします。最近は、人工皮革を使ったスパイクの方がラインナップが豊富です。

人工皮革の長所は、優れた耐久性です。天然皮革のスパイクよりも長く使える場合が多く、手入れもあまり必要としません。

人工皮革の短所は、はっきり言ってありません。天然皮革には劣るけれども、最近は人工皮革も柔らかくなってきており、足馴染みのいいものがほとんどです。しかし、天然皮革のように素材が伸びるということはありません。

どっちがいいの?

これは個人の好みとしかいいようがありません。ですので、自分の好みが分からない場合は、人工皮革のスパイクと天然皮革のスパイクを一つづつ買って試してみるのがベストです。

しかし、そんなにスパイクにお金を掛けたくない人もたくさんいると思います。その場合は、人工皮革のものをおすすめします。最近は、天然皮革と人工皮革の質の差が縮まってきています。そのため、より耐久性のある人工皮革を選んだほうが長持ちして良いのではないでしょうか。

また、初心者の場合も人工皮革のスパイクを買うことを推奨します。天然皮革のスパイクを買うと手入れが必要となりますので、初心者の人には少しハードルが高いと思います(手入れが嫌でサッカーが嫌いになったら悲しいですし)。

 

まとめ

今回はサッカースパイクの素材について書いてきました。サッカースパイク購入の際の助けになれば幸いです。

ちなみにぼくは天然皮革の方が好きです(人工皮革のサッカースパイクも履きますけどね)。ぼくの周りでは、人工皮革を履いている人が多いです。しかし、ずっと天然皮革を履いていて天然皮革を熱愛する人も数人います。

スパイクのサイズ選びについてはこちらから。